光前寺トップへ   玄武トップへ 

.

 光前寺(こうぜんじ)

 光前寺(こうぜんじ)霊犬早太郎伝説 〜


 
【 霊 犬 早 太 郎 伝 説 
光前寺には昔より霊犬早太郎伝説が
伝えられております。
       
 
今からおよそ680年ほど前のお話です。
光前寺に早太郎という大変強い山犬が飼われていました。
その頃、遠州府中(静岡県磐田市)見付村では、田畑が荒らされないようにと毎年祭りの夜、白羽の矢が立てられた家の娘を、いけにえとして神様にささげる人身御供という悲しい習わしが続けられておりました。
 
ある年、村を通りかかった旅の坊さま(社僧一実坊弁存)は、神様がそんな悪いことをするはずがない、その正体を見届けようと、神仏に祈願して祭りの夜に様子をうかがっていると、大きな怪物(老ヒヒ)が現れました。
その怪物は、「信州の早太郎はおるまいな、早太郎には知られるな」などと言いながら、娘をさらって行ってしまったそうです。
旅の坊さまは、娘をさらう怪物は信州の早太郎を恐れていることを知りました。
 
坊さまは、早太郎に助けを求めようと、すぐに信州へ訪ね入り、光前寺に早太郎を探し当てると、早太郎を借りて、急いで見付村へと戻りました。
早太郎は遠州府中の見付村に行き、次の祭りの日には、早太郎が娘の代わりとなって怪物と闘いました。早太郎は、それまで村人を苦しめていた怪物を見事に退治しました。そして村の災難は除かれたのであります。
 
早太郎は、傷つきながらも自力で光前寺の和尚さんの元に戻り、和尚さんに怪物退治を知らせるかのように一声高くほえて、そして息を引き取りました。
 
早太郎を借り受けた旅の坊さま(弁存)はこの報恩の為に「大般若経」を書写し、天神社から光前寺に奉納いたしました。この経本は現在でも、光前寺の寺宝として大切に残されております。
 
以来、早太郎こそ、まさに不動明王の化身であり 、災難除け・厄除けの霊犬なりとして、広く信仰を集め、今なお見付より報恩の参拝が続けられております。
 
現在、光前寺の本堂の横に、早太郎のお墓がまつられています。
 
 
上の写真は、三重の塔と早太郎の像です。
三重の塔は、南信州唯一の塔です。
高さ約17メートルの均整のとれた美と彫刻の美しさは 高く評価されています。
この塔には、五智如来を安置してあります。
 
 
上の写真は、早太郎のお墓です。
お墓は本堂の横にまつられています。
 
     

 
光前寺の桜
     色鮮やかな昼間の桜は → こちらのページ
     幻想的な夜の桜は → こちらのページ

 
光前寺の案内図  → こちらのページ

 
光前寺の最初のページは → こちらをクリック
     

  光前寺トップへ   玄武トップへ